2018年3月4日のモン・サン・ミッシェル

大潮の満潮を迎えた島の姿

この日は大潮。一般的に、3月と9月の大潮は干満差が一番大きいと言われています。

朝8時前のモン・サン・ミッシェルの様子。日が出てからあまり時間が経っていません。満潮まであと30分くらい。すでに、海水が島の前まで来ています。

島の方に渡ってみました。入り口はすでに水浸しです。

10分後。島が完全に海に囲まれました。ちなみに、私は靴は濡れてしまいましたが間一髪で島から橋の方に戻って来れました。あっという間に島の周りには水が押し寄せてくるので、大潮のモン・サン・ミッシェルを島か橋かどちらから見たいかをはっきり決めておくのが大事です。

小舟に乗っている人たちがいます。島の岸の方には万が一に備えて消防隊がスタンバイ。

8時30分ごろの様子。満潮となりました。

ちなみに、こちらは同日の干潮が近づく14時頃の様子。大潮だと満潮と干潮でこれほど景色が一変します。モン・サン・ミッシェルの大潮は一度は見てほしい神秘的な体験です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中