干潟ツアーでモン・サン・ミッシェルとその湾の魅力を再発見

違う角度から楽しむモン・サン・ミッシェル

こんにちは。

モン・サン・ミッシェルで現地ツアーガイドをしている濵口謙司です。

夏にモン・サン・ミッシェルを訪れると、よく見かけるのが島の周りの干潟の上を歩く人たちです。

フランス語では「Traversée de la baie(直訳すると「湾の横断」)」と呼ばれ、ライセンスを持った湾の自然ガイドによって行われるもの。島の周りは比較的安全ですが、遠くに行くにはガイドツアーへの参加が必須です。

中世から多くの巡礼者が訪れたモン・サン・ミッシェルへの道を最後に阻んだのがこの湾。潮の満ち引きによって刻々と姿を変えて行く湾を越えるために、必要だったのが湾のことを知り尽くした渡し守でした。現在の湾の自然ガイドはまさにその伝統を受け継いでいると言えます。

島同様にユネスコ世界遺産に指定されているモン・サン・ミッシェル湾の魅力は島から見ただけでは分かりません。やはりそこを歩いてこそ感じられます。とはいえ、水分を多く含んだ場所を歩くとまっすぐ歩くのも難しいほど。

そんな時に脳裏をよぎったのが、昔のモン・サン・ミッシェルを目指した巡礼者のこと。この湾を渡るということは、遠く故郷を離れ、命の危険と隣り合わせの緊張感の中、見知らぬ土地を歩いてきた巡礼者にとって最後の難関でもあります。そんなふうに考えると、島の上の修道院にたどり着いたときの高揚感は現代の私たちからは想像できないくらいのものだったに違いありません。

干潟ツアーはそんな昔の巡礼者たちの道を辿るもの。そして、湾の自然の美しさを感じ、雄大な湾の中にそびえるモン・サン・ミッシェルを違う角度から見られる貴重な体験でもあります。

ツアーには色々な種類があり、フランス語のツアーが主ですが、英語のもの(Guided crossings of the bay)もあります。モン・サン・ミッシェル観光案内所のホームページ等でも多くのガイドや会社のツアーが紹介されています。島や湾の魅力をもっと知りたい人はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、干潟を歩くにはサンダルや普通の靴だとすぐ足が取られるので、裸足かウォータシューズが好ましいとのこと。あと、風や雨、そして急激な気温の低下に備えて、ウインドブレーカーやポンチョのようなものが重宝しますよ。

フランス政府公認ガイドである本ブログの著者が書いた「神秘の島に魅せられて モン・サン・ミッシェルと近郊の街へ 」好評発売中です。モン・サン・ミッシェルや周辺の街の観光情報がたっぷり詰まったガイドブックとなっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中