<2020年版>モン・サン・ミッシェルが海に浮かぶ大潮の日時

島が海に囲まれる神秘的な瞬間をこの目で!

こんにちは。モン・サン・ミッシェルで現地ツアーガイドをしている濵口謙司です。

「モン・サン・ミッシェルにいつ行けば海に囲まれた島の姿を見られますか?」

ガイドをしているとよく聞かれます。実のところ、いつ行っても見られる訳ではありません。

現在はモン・サン・ミッシェルの島とその対岸の間には橋がかかっているので、その姿は橋が一部沈下する規模の潮位に達する大潮の満潮時に限られます。

一般的に、大潮とは新月と満月の24時間後くらいから数日にわたり、暦の上では月に2回あるのですが、潮の干満の差は時期によって違います。例えば、3月と9月の大潮と6月のそれでは規模が全く違います。

2020年は約20日ほどモン・サン・ミッシェルにかかる橋が一部沈下する規模の大潮の満潮が観測できそうです。以下、該当する日時で、太字の時間は1年で一番潮位が高くなる時となります。

2月 11日8時33分、12日9時16分

3月 10日7時33分・20時1分、11日8時17分・20時43分、12日8時59分・9時23分、13日9時39分

4月 8日8時12分・20時38分、9日8時56分・21時20分、10日9時38分・21時59分、11日10時17分

5月 7日20時12分、8日8時32分・20時55分

8月 21日21時51分

9月 17日20時6分、18日8時34分・20時50分、19日9時16分・21時32分、20日9時56分・22時12分

10月 16日19時43分、17日8時9分・20時27分、18日8時51分・21時10分、19日9時32分・21時51分

11月 15日6時43分・19時4分、16日7時27分・19時49分、17日8時10分

ちなみに、基本的に朝か夜になり日帰りでは難しいので、宿泊が必要になります。また、満潮の時間になると島と橋の間は1〜2時間は行き来できなくなるので、バスの時間等にご注意ください。

上記の日時に限らず、大潮の時期は潮の満ち引きが織りなす神秘的な現象が見られます。下記のリンクもぜひご参考頂き、モン・サン・ミッシェルの大潮を体験してみてはいかがでしょうか?

モン・サン・ミッシェルの現地でのフランス政府公認ガイドによるプライベートツアーはこちらからどうぞ。

2件のコメント

  1. 来年の春、モンサンミッシェルが、海に浮かんでる
    景色を見たいと思ってます。
    6がつ頃と思っておりますが、いつ頃がいいですか。
    来年の春は、コロナも落ち着いているかと思いますが

    いいね

    • コメントありがとうございます。海に浮かぶ島の姿を見るのであれば、大潮の時期に行くのがベストです。来年の潮位表が出てから日程を決められると確実かと思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中