ロックダウン解除直後のモン・サン・ミッシェルへ

外出自粛令が解除された後のモン・サン・ミッシェルの様子

こんにちは。モン・サン・ミッシェルで現地ツアーガイドをしている濵口謙司です。

コロナウイルス感染拡大に伴い、フランスでは2020年3月16日から5月11日まで外出自粛令が敷かれていました。

それ以降の6月1日までは外出自粛緩和の第一段階として、仕事など必要な場合を除き、自宅から100km圏内に移動が制限されていました。そんな中、5月29日にモン・サン・ミッシェルに足を運んでみました。

私がガイドツアーで最後にモン・サン・ミッシェルを訪れたのは3月15日のこと(その日の様子は下記の記事からどうぞ)。その時はまさか2ヶ月半も行くことがなくなるとは思ってもいませんでしたが・・・。

予想通りというか、島は閑散としていました。例年であれば5月は観光シーズンで多くの観光客で賑わうモン・サン・ミッシェルですが、移動制限もあり、団体の訪問客がいないことから、現地にいるのは地元の人だけ。

みやげ屋などの商店などの営業が許されていましたが、レストランや修道院などは閉鎖のまま。島内の移動は一方通行で、マスク着用は義務でした。

下の動画は、そんないつもと違う雰囲気のモン・サン・ミッシェルの様子です。

真冬の1月から2月であれば、このくらい人が少ないことはよくあるのですが、こんな初夏の日差しが降り注ぐ日にここまで人がいないというのは記憶にありません。

落ち着いた雰囲気の中で島を訪れることができるというのはある意味で特権だなと思いつつも、一抹の寂しさを覚えました。

島内のあらゆる場所に貼られた一方通行の看板は、どこか痛々しくもあり、まるでモン・サン・ミッシェルがコロナウイルスと闘っているような感じさえしました。

後にも先にも、こんなモン・サン・ミッシェルの姿を見ることは今後もないかもしれません。少なくとも、そうであってほしいと願うこの頃です。

<お知らせ>

私の著書のガイドブック「神秘の島に魅せられて モン・サン・ミッシェルと近郊の街へ」が電子書籍での配信が開始されました。この本を読んで、フランスの妄想旅行を楽しんでみませんか?

また、紙の単行本も引き続き全国の書店で発売中です。イカロス出版のオンライン書店からご注文して頂くと送料無料でご購入頂けます。詳しくはイカロス出版のホームページをご覧ください(下記の画像をクリック)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中