モン・サン・ミッシェルの大潮の時期と満潮・干潮の時間の調べ方

現地の潮位表を調べて潮の満ち引きの時間を知る

大潮の満潮の様子

こんにちは。モン・サン・ミッシェルで現地ツアーガイドとして活動しているフランス政府公認ガイドの濵口謙司(@le_msm_today)です。

モン・サン・ミッシェルが世界中に知られる理由の一つが、潮の満ち引きによって大きく変わる周りの湾の景色です。島と同じく世界遺産に指定されているモン・サン・ミッシェル湾はヨーロッパ最大規模の干満の差で知られています。

「モン・サン・ミッシェルはいつ海に囲まれている姿を見られますか?」

お客様をご案内しているとこのような質問をよく受けます。

あまり知られていませんが、みなさんが写真や映像で見る海に囲まれた島の姿が見られるのは年に20日くらいに過ぎません。大潮の満潮の時間帯だけその神秘的な姿を見ることができます。

干潮の島と周辺の様子

また、島の観光を満喫するためには満潮と干潮の時間を知っておきたいところ。例えば、満潮時には行けない島の裏側に干潮の時間帯になると行けるようになったり・・・と、島の歩き方の幅が広がります。

干満の時間を知るために欠かせないのが、潮位表です。現地の観光案内所でも時間帯は知ることができますが、事前に時間帯を知っておくと旅行の行程作りにも役立ちます。

下記のモン・サン・ミッシェルの観光情報のまとめと合わせてご参照ください。

モン・サン・ミッシェルの潮位表はどうやって見るのか?

島から見たモン・サン・ミッシェル湾。満潮と干潮の間の時間帯の景色も美しい。

モン・サン・ミッシェルの潮位表は下記のリンクあるいは現地の観光案内所のホームページから見ることができます。

観光案内所のホームページの場合は、ページ右上の波のマークのロゴをクリックすると、潮位表のパンフレットのあるページに行くことができます。ページ上にあるパンフレットの画像をクリックすると潮位表が見られます。

潮位表を開くと、フランス語で書かれた月ごとの表が並んでいます。表の上に書かれているのは下記のような月名です。

1月 janvier 2月 février 3月 mars 4月 avril 5月 mai  6月 juin 7月 juillet 8月 août  9月 septembre 10月 octobre 11月 novembre 12月 décembre

時刻はサン・マロの干満の時間表となっているので、モン・サン・ミッシェルの場合は記載されている時間から−5分となります。

一番上の横列は、右からDate(日付)、Pleine mer(満潮)、Basse mer(干潮)、Coef.(潮位)、Matin(朝)、Soir(夜)、h mm(時・分)となっています。

一番左の列は日付で数字の横の文字は以下のようにフランス語での曜日を表しています。

月 lundi 火 mardi 水 mercredi 木 jeudi 金 vendredi 土 samedi 日 dimanche

例えば、3月19日(火)の満潮は朝の5時42分と18時17分、干潮は0時5分と12時42分となります。

また、表がオレンジになっている部分は大潮の日で、潮の満ち引きが顕著に表れ、満潮の時間の2時間前くらいから潮が満ちてくる様子を観測できます。そして、その中でも赤くなっている部分は一番干満の差が激しい時です。この時は島と対岸をつなぐ橋が満潮時に一部水没し、島が完全に海に囲まれる日となります。

潮位表の赤い部分の時間帯には島と対岸の間の通行ができなくなるので、移動は潮の満ちる前に!

モン・サン・ミッシェルは潮の満ち引きの時間を知っておくと楽しみ方が増えます。下記の島の観光情報のページと合わせてぜひ潮位表も活用してみてください。

フランス政府公認ガイドによる現地発のプライベートツアーは下記のリンクからどうぞ。ガイドブック「神秘の島に魅せられて モン・サン・ミッシェルと近郊の街へ」の著者がご案内します!